団塊ジュニアの初挑戦!!

52回の週末充実計画  ~『我が生涯に一片の悔い無し!』と言って死ぬ~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

僕の初挑戦を絵本化したい! 

自分のイラストキャラクター作りだが、ゆくゆくはプロに依頼しようかとも思っている。
せっかくなら僕の好きな絵本作家、「たむらしげる氏」にお願いできたら良い。
一枚描くだけの依頼なら何万円かで可能ではないかと安易に考えてみたのだが。

最終的には大道芸をしている様子を絵本にしてしまうという妄想まである。
団塊ジュニアのサラリーマンのオッサンが週末大道芸人になるまでのストーリーだ。
ついでにテーマ曲も作っちゃう!

いやはや妄想は広がるばかりだ!!

スポンサーサイト
[ 2008/02/06 16:23 ] 本を出版する!! | TB(0) | CM(0)

「みんなのうた」は一石三鳥!! 

今、「作曲」をしようと頑張っている。
また、いつかは「詩」や「川柳」や「ショートショート」を作ることにも興味がある。
さらに、最近は「絵」や「イラスト」も描けるようになりたいと思っている。

少し考えてみると、すべてを包含すれば「みんなのうた」になるではないか!
まとめるとこうだ。
・詩+絵→絵本
・絵本+音楽→みんなのうた

つまり「みんなのうた」を作るというだけで、一石三鳥なのだ!
これはやらない手は無い!

[ 2007/05/10 01:10 ] 本を出版する!! | TB(0) | CM(0)

絵本を描きたい!! 

実に絵本を描きたい。
以前、このブログで「いつか本を出版する」と書いたが、せっかくなら絵本が良いと思っている。
「スノーマン」のレイモンド ブリッグス氏や「銀河の魚」のたむらしげる氏が好きだ!
スノーマン スノーマン
レイモンド ブリッグス (1998/10)
評論社

この商品の詳細を見る

銀河の魚 銀河の魚
たむら しげる (1998/10)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る

こんな絵本が描けたら最高だ。
さっそく図書館に行って「絵本の作り方」関連の本を借りてきた。
絵本と絵本作家を知るための本 絵本と絵本作家を知るための本
マーブルブックス (2006/08/30)
マーブルトロン

この商品の詳細を見る
絵本を作る 絵本を作る
五味 太郎 (2005/03)
ブロンズ新社

この商品の詳細を見る
絵本の書き方―おはなし作りのAからZ教えます 絵本の書き方―おはなし作りのAからZ教えます
エレン・E.M. ロバーツ (1999/06)
朝日新聞社

この商品の詳細を見る


その中で「童話のつくり方」の著書、きむらゆういち氏はスゴイ。
彼は偶然にもこの前見た「あらしのよるに」の作者だった。
絵本作家はみんな感覚的な人間かと思ったが彼は違う。
すべて計算されており、実にロジカルだ。
この本は予想以上に良かった。単なる絵本作成マニュアルに留まらない。
「夢を夢で終わらせないで、実現するには?」といった、自己啓発の分野でも十分通じると思う。
童話のつくり方 童話のつくり方
木村 裕一 (2004/03/21)
講談社

この商品の詳細を見る
あらしのよるに スタンダード・エディション あらしのよるに スタンダード・エディション
きむらゆういち、 他 (2006/06/23)
東宝

この商品の詳細を見る


絵本を作るにあたっての心構えや方法論は何となく理解した。
問題は、僕に絵やイラストのセンスが無いということだ。(一応小学校時代はA評価だったが。。)
なので、絵の方をどうにかしないといけない。

というわけで、この前大きな本屋の美術イラストコーナーに足を踏み入れてみた。
これまでは縁遠いコーナーだった。
そのコーナーにいる人種は独特だ。ワケのわからん写真集を真剣に見てる人とかがいる。
まさに感覚人間たちだ。
自分にもこの新しい感性を取り入れていかないといけない。

絵の対策については、ザックリ検討してみた。
・たむらしげる氏の絵本をうつす
・塗り絵をやる
・マンガ入門書を買う
・スケッチ入門書を買う
・絵画教室に入る
・パソコンのCGを利用する
・イラスト素材集を利用する
・絵は上手い人に任せる(描かない)

まずは、行動しながら色々と検討していこう。
行動に移すことが何より重要だ!

[ 2007/05/10 00:41 ] 本を出版する!! | TB(0) | CM(0)

本を作るのはむずかしくない! 

個人出版(自費出版)実践マニュアル〈2007年版〉 個人出版(自費出版)実践マニュアル〈2007年版〉
高石 左京 (2006/12)
太陽出版

この商品の詳細を見る


ブログを本にする本―逆説!ブログの使い方 ブログを本にする本―逆説!ブログの使い方
佐藤 英典 (2006/12)
太陽出版

この商品の詳細を見る


さっそくこの2冊を買って熟読してみた。
結論から言うと、本を出版するのは簡単だと言うことがわかった。

価格についても安い。38万円あれば出版できる。
さらにブログの場合は、1冊あたり1,640円でできる!!

まずはブログでテーマを決めて書くことだ。
そして、ためしに一冊作ってみる。

本を出すとなると、誰に対して読んでもらいたいのか?を意識しないといけない。
まあ、ブログも一緒なんだろうけど。

いずれにしても、ずいぶん身近なものになったものだ。
まわりの人にも教えてあげなきゃだ!

[ 2007/03/04 02:21 ] 本を出版する!! | TB(0) | CM(0)

本を出版し、講演をする 

1、ブログ公開
2、人気ブログに
3、ブログ内容をまとめて本を自費出版
4、ブログ・メルマガで本の宣伝および販売
5、本の内容で講演

こんな道のりを考えてみた

思ったほど本を出版するのは難しくないことがわかった。
50万円くらいの資金があればできてしまう。

「本を出す」、こんなことは全く夢の話かと思っていたけど、だれでも出来てしまうのだ。

その事実だけでも色々と夢が広がってくる。
[ 2007/02/25 17:27 ] 本を出版する!! | TB(0) | CM(0)
電車がゆく
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
ユーザータグ
達成した挑戦たち(スクロール付)
【2006年】
1月 ■禁煙
5月 ■初スポーツジム
9月 ■結婚
9月 ■初海外旅行(ハワイ)
9月 ■エレキギター復活
9月 ■バッティングセンター
12月 ■初株式投資
【2007年】
2月 ■初ブログ
3月 ■初フルマラソン(荒川市民)
4月 ■再び仙台~東京自転車旅行
プロフィール

トムソーヤ隊長!

Author:トムソーヤ隊長!
■年齢:団塊ジュニア世代、昭和49年生まれ
■性別:男
■家族構成:既婚、子供なし,チワワ1匹
■体型:170㎝、65㌔
■住まい:東京都練馬区
■経歴:高校3校、会社7社経験。
■仕事:IT系
■趣味:一輪車、スーパー銭湯、図書館通い、クラシックギター、自転車で日本縦断、趣味探しなど。
■好きな言葉:青天のヘキレキ
■モットー:
1,人生を楽しむ
2,何とかなる
3,大丈夫
4,どうせ死にはしない
5,嫌ならやめる
6,まずはやってみる
7,30点でよしとする
8,ロック
9,人生は二回くる
10,やりたいことをやる
11,自分を好きでい続ける
12,80対20の法則を意識する
13,トムソーヤでいる
14,小学生の頃の自分に尊敬される自分になる
15,我が生涯に一片の悔い無しと言って死ぬ
16,しょせんみんなウンコちゃん
17,手段と目的を間違えない
18,ちっちぇーなーと思う
19,ルビンの壷発想

過去のログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。