団塊ジュニアの初挑戦!!

52回の週末充実計画  ~『我が生涯に一片の悔い無し!』と言って死ぬ~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【自転車の旅】2日目4/30(月)の詳細内容! 

自転車旅行の詳細の2日目を書く。(仙台~東京 総距離367キロ)
■2日目4/30(月)のサマリー
走行距離95キロ、約11時間
10:00 相馬発
21:15 いわき着
【走行ルート】http://www.mapfan.com/routemap/routeset.cgi?Func=r&MAPS=E140.55.44.3N37.47.58.9&MAPG=E140.53.44.4N37.3.18.5&COND=normal&HW=avoid&FR=default&REST=use
<<詳細>>

ホテルふたばやは10時チェックアウトなので、9時半までグッスリ寝ていた。約9時間睡眠だ。
チェックアウトの際、以下のような会話をした。
「昨日は自転車ですか?」「はい。」「どこまで?」「東京まで。」「へー。」
こちらから何も言っていなにのにやっぱり目立つのかな。まあ嬉しかった。
朝になったので、あらためてホテルの写真を撮った。また、すぐ近くの相馬駅も。
Image028.jpg Image029.jpg

やはり、夜と朝だと全然雰囲気が違う。とても爽やかな気分だ。
10:40「そうま道の駅」にて朝ごはんとして山菜うどんを食べる。
フトモモが痛く、胸や胃が気持ち悪い。本日、日立まで行けるか不安になった。
ご飯を食べたら体調も回復した。ご飯は重要だ!
Image030.jpg

12:35「原ノ町」近くのセブンにて休憩。アイスとジュース。
体調復活!東京の地元の友人からメールもきた。ブログ効果はすごいみんな自転車旅行を知っている。元気が出た。
30分ほど休み13時に出発。
Image031.jpg


14:30 「双葉」 にて昼ご飯。「手打ちそばうどん信州」にて。カレーうどんを食べる。お座敷は良い。
暑いため、服をTシャツに着替えた。休憩中、大学時代の横須賀の友人からメールが届いた。
ちなみにここでも、お店のオバサンに声をかけられた。
「北上してるんですか?」「いや東京へ。」
やっぱり自転車旅行してるってわかるんだな。思ったより声をかけられる。
Image122.jpg

ちなみに12年前の手帳もチェック。かなり眠そうだ。このあたりは、夜中走ってた様子。仙台から休まずに走っていたのだ。
半分寝ている状態だったと思う。ちゃんと休んで行かないと効率が悪いと実感した。
15:00再出発。
15:50 富岡の夜ノ森 セブンにて休憩。

17:00に「ならは」に道の駅があり、そこでは温泉に入ることができるようだ。立ち寄ることにした。
ちょうどその時、徳島の友人(坊主)からメールが届いたところだった。
携帯はスゴイ。徳島ともつながってしまう。
12年前は携帯など何ももっていなかったため、当然連絡はとれなかった。
風呂はキレイで気持ちよかった。サウナや泡風呂に入り、マッサージしたりして疲れを癒した。
とても爽やかだったが、逆に少々疲れたかも?しれなかった。ただ、入って本当に良かった。
17:55ならは出発。
▼道の駅ならはhttp://www8.ocn.ne.jp/~tenjinn/sub5.html
Image123.jpg Image124.jpg

●3日間かけることを決断
この場所で本日の到達場所を決めた。ずっと「日立」まで行こうか迷っていたが、「いわき」までにした。
この日に「いわき」にするということは、この旅を3日間でなく4日間かけることを意味する。
総距離が367キロ。初日が55キロ。あとの300キロ強を2日間で走るには1日150キロくらい走らないといけない。
ただ、今回「いわき」を選んだことにより、本日は約100キロ。あと200キロを残すことになったのだ。
ゆっくりと100キロずつ走ろうという決断をした。
100キロであれば、このような温泉など立ち寄る余裕も生まれる。それに、夜中走った街は思い出にあまり残らない。
自分の体調などにより、その街の印象も変わってしまう。それはもったいないと思うのだ。
また、今回のような旅をあと1日で終わらせてしまうのも残念な気持ちもした。
あと2日間、この旅を楽しみたいという余裕も生まれた。

19:00 波立海水浴場http://odekake.jalan.net/spt_07204cb3490114779.html
12年前はここで少し泳いだ。寺もあるけど、今回は立ち寄らなかった。
ここはトンネルがあるのだが、歩道が無いため危ない。
車がいなくなるのを待って、急いでトンネルを走り抜けた!
これまで山道を走っていたが、やはり海岸沿いは良い。癒される。
やはり、人間は山よりも海の方が落ち着くのだろうか。

19:30いわき四倉のダイソーに立ち寄る。
お尻が痛いため、ダイソーにてサドルを購入。ただしサドルのサイズ合わず。。。
すぐ横にある牛丼屋の「すきや」にて夕食。地図を見ながら、これまでの道のりや「いわき」までの道をチェック。
ここで、いわきのホテルを予約する。しかし携帯はスゴイ!何でもできる。
20:10出発。ここまで来たら、いわきまではもう少しだ。30分くらいだろうか。

21:15 ホテル到着。「ホテルやまと」駅からすぐ近く。マンションみたいな入り口だった。
結局、「すきや」から1時間かかってしまった。いわきの街並みが見えた時は安堵した。
いつもそうだが、8時を過ぎたあたりから心細くなってくる。まず電燈はないし、車とおりも少なくなってくる。

ちなみに、いわきは結構僕にとっては感慨深い街なのだ。12年前にこの街を通ったときは、なんて大きな街なのだろうと感動したものだ。
駅近くのミニストップで漫画を購入。「弘兼憲史SF作品集集」。
弘兼憲史SF作品集ザ・スペース 弘兼憲史SF作品集ザ・スペース
弘兼 憲史 (2007/04)
講談社

この商品の詳細を見る


ホテルに着いて、お風呂に入った。
風呂上り漫画を読み終え、0時くらいに寝てしまった。
今回の旅行はすぐ眠くなる。


■■■

<<参考>>
●前回の旅【2日目】8/9(水)(昔の手帳より抜粋、再編集)
(小高駅朝6:00 ~ 高萩駅 深夜2:20、走行距離111キロ、約20時間半)
【サマリー】6:00小高駅~9:45岩沢海水浴場(4時間)~12:30波立海水浴場(6時間半)
     ~16:00いわき駅(10時間)~23:30北茨木市(17時間半)~2:00高萩駅(20時間)~2:20駐車場
【走行ルート】http://www.mapfan.com/routemap/routeset.cgi?Func=r&MAPS=E140.59.58.6N37.33.34.8&MAPG=E140.43.13.0N36.42.40.7&COND=normal&HW=avoid&FR=default&REST=use
【詳細】
(1日目の後半)
00:05鹿島駅の中、明かりの無いトイレでクソ⇒00:55鹿島の公園で寝袋セットするも公園隣の家の人が気になり挫折
01:39鹿島近くのコインランドリーでジャンプ読む、猫の多い街鹿島を後にする
02:14原町近くのセブンでハンバーガー購入
02:47いわき太田駅の横、眠さピーク⇒03:26小高駅前にわとり鳴き電車も走り出す。
04:04小高駅近くの小学校はやめ、公園にて仮眠
======
(2日目)
05:56 小高駅近くの公園を出発。寝袋の上にて仮眠。目薬指しスッキリ。シャワーを浴びたい
06:37 セブンにてオニギリ3つ。6号は山道のため海岸沿いを走るか検討。日焼けしたいため上半身裸で走る。
08:54 夜ノ森駅を越えたセブンで休憩。イワキまであと3時間あれば着くと思う。
09:45 海で泳ぐ。(調べた結果、「ならは」道の駅の温泉近くの「岩沢海水浴場」ではないかと思う。http://www.naraha.net/kankou/annai/iwasawa/index.shtml
11:42 出発。海水浴場で仮眠。そしてシャワーで体、髪を洗い、歯も磨く。
12:33 トンネルを3つ越える。トンネルの怖さを知る。特にダンプが怖い。
13:45 波立海岸で10分ほど泳ぐ。海岸は人口的。石になっている。神社があり、とおもろこしを食べる。
15:57 いわき駅着。あまりに都会のため、上半身裸では恥ずかしく、駅前のマック横で着替える。
16:18 いわき駅前の電気屋でウォークマンを直す。単純に停止ボタンになってただけ!電池を2個もらい、店長と一緒に写真。
17:00 ラーメン屋にて味噌ラーメン食べ、出発。
19:00 再出発。6号逆走してしまう。また自転車にバッグを閉めなおす作業に手間取る。
20:52 どさん子ラーメンで夕食。高速のパーキングみたいな場所にて。どさん子ラーメンでは味噌ラーメン、にんにくたくさん。
22:21 出発。マガジンのカメレオンを読む。出発しようとすると大雨が降り待機していた。
23:30 北茨城市に突入。旅行中と思われる高校生くらいの男女4人に「頑張ってください」と声援得る。
00:47 セブンで牛丼買う。
01:55 高萩駅に着いてビジネスホテルで泊まろうと思う。ホテルの受付けがいないため、あきらめ再度走る。
02:23 半分寝ながら走っていた。6号沿いの駐車場にて仮眠をとることにした。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
電車がゆく
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
ユーザータグ
達成した挑戦たち(スクロール付)
【2006年】
1月 ■禁煙
5月 ■初スポーツジム
9月 ■結婚
9月 ■初海外旅行(ハワイ)
9月 ■エレキギター復活
9月 ■バッティングセンター
12月 ■初株式投資
【2007年】
2月 ■初ブログ
3月 ■初フルマラソン(荒川市民)
4月 ■再び仙台~東京自転車旅行
プロフィール

トムソーヤ隊長!

Author:トムソーヤ隊長!
■年齢:団塊ジュニア世代、昭和49年生まれ
■性別:男
■家族構成:既婚、子供なし,チワワ1匹
■体型:170㎝、65㌔
■住まい:東京都練馬区
■経歴:高校3校、会社7社経験。
■仕事:IT系
■趣味:一輪車、スーパー銭湯、図書館通い、クラシックギター、自転車で日本縦断、趣味探しなど。
■好きな言葉:青天のヘキレキ
■モットー:
1,人生を楽しむ
2,何とかなる
3,大丈夫
4,どうせ死にはしない
5,嫌ならやめる
6,まずはやってみる
7,30点でよしとする
8,ロック
9,人生は二回くる
10,やりたいことをやる
11,自分を好きでい続ける
12,80対20の法則を意識する
13,トムソーヤでいる
14,小学生の頃の自分に尊敬される自分になる
15,我が生涯に一片の悔い無しと言って死ぬ
16,しょせんみんなウンコちゃん
17,手段と目的を間違えない
18,ちっちぇーなーと思う
19,ルビンの壷発想

過去のログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。