団塊ジュニアの初挑戦!!

52回の週末充実計画  ~『我が生涯に一片の悔い無し!』と言って死ぬ~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【達成!!】初フルマラソン参加!(荒川市民) 

荒川フルマラソンに参加!http://www.runnet.co.jp/info/a/2007/arakawa/
無事にやりとげた!タイムは7時間11分!!
折り返し地点までの約20キロは走り、後半は歩いた。
「完走」というより半分は「完歩」だったけど、とにかくやった!

なんとなく健康のためにやろうと思ったマラソン。
2006年の大晦日になんか目標を立てようと思い、
勢いでネットから参加登録をしたのだ。
情けないタイムかもしれないけど、とにかくやった!それが重要だ!

▼ゴール時に撮った写メール。
Image119.jpg



~当日の詳細についてはここから~

■マラソン当日の朝、スタートまで
当日は、6時半に起き朝風呂に入って、電車で会場近くの最寄駅へ。
大会近くの浮間舟渡駅からは送迎バスが出ていた。
かなりの混雑!すごいイベントだ!!
何せ1,5万人の参加者だ。
「金八先生」の舞台、荒川沿いの土手を走るのだ!

▼最寄駅の様子
Image101.jpg

送迎バスで10分ほど、会場についた。
イベント会場はすごい熱気と人数だった。

▼荒川の土手から会場の様子(真ん中の人は関係ない人)
Image102.jpg

会場で、参加票を再発行手続きをして、受付登録をした。
ゼッケンやTシャツなどをもらった。
着替えなどしている間にもうスタートが迫ってきた。

■マラソンスタート!!
「選手の方はスタート地点に!」というアナウンスが響くが、混雑しているためスタートする場所がわからない。
さらに、荷物置き場もよくわらなかったので、適当に誰かのテント脇に置いておいた。
スタート地点はかなりの列だった。自分の番号に従って順番に並ばないといけないようだった。

▼スタート地点で待つ風景
Image105.jpg

僕の並ぶ場所がやはりわからない。あと1、2分でスタートだ。
結構あわただしく、ストレッチもほとんどできてない。
軽く屈伸をしたくらい。こんな奴いるのだろうか。。
緊張のためかトイレに行きたくなった。
そして、トイレの中でマラソン大会スタートの合図を聞いた。

人数が人数なだけに、スタートしてもしばらくは動かない。
なので、どさくさに紛れ、適当な列に入りこんだ!
列はスタート地点に向かい、ゆっくり歩いている。
いよいよスタート地点だ。まだ、歩いているが、そろそろだ!
僕は準備しておいたipodを準備した。
僕は、このマラソン大会ではラジオを聴くつもりだ。
前日にインストールしておいた、「ナイナイのオールナイト」だ!
ただ、スタート時になり、急に「ロッキー」が聞きたくなり、ipodの操作していた。

▼スタート!!
Image107.jpg

そうこうしているうちにスタートラインが近づいてきた。
もはや、間に合わずipod操作はやめて走りだした!!
9時5分くらいだったと思う。スタートから5分してようやくスタート地点を通過!!
いよいよフルマラソンが始まった!!

■気づいたこと
はじめの10キロはとても気持ちよかった。
これまで、最長で10キロしか走ったことが無い。
また、これまでの練習量もトータルで30キロほど。。
よくこれで参加したものだ。。
このマラソン大会参加者の中でも最低のレベルではなかろうか。

さて、走りだしてマラソン大会で気づいた点があった。
まず色々な人が参加しているということ!
1、ウエディングドレスの4,50代のおばちゃん
2、メイドの格好した4,50代のおばちゃん
3、幼稚園児の格好した4,50代のおばちゃん(全部おばちゃんか!!)
4、スパイダーマンの全身タイツの人
5、タラコの歌を歌ってる女の子の格好してるお兄さん
6、80代のおじいちゃん
7、目の見えない人(伴走者の人と手をつないで走ってる)
8、両手の無い人

いやあ、すごい!これだけでも何て色々な人がいるのだろうと思ってしまった。

また、沿道にいる人達が本当に温かかった!
正直、「人間ってまだまだ捨てたもんじゃないな!」と本気で思った。
1、ブラスバンドで応援する人
2、給水場で水やアンパン、角砂糖、バナナなどを配ってくれてる人
3、単純に応援してる人
4、自分で買ってきたチョコとかを配っている人

「がんばってくださーい!」と本気で応援してくれている。
僕は最初、「どこからかお金もらっているバイトなのかな?」などと考えていた。
ただ、彼らは単純に応援してくれているということがわかってきた。
すごい世界があったものだ。びっくりした。これは是非みんなにも経験してもらいたい。

もう一つびっくりしたのが、男は路上で立ちションをしているとうことだ。
マラソン用にコースには簡易トイレはある。
ただ、耐え切れず結構立ちションしているのだ!
当然女性はしてない。ちなみに僕も当然していない。


■折り返し
折り返し地点まではまあまあ順調で走ってた。
途中から足は痛くなってきたが。
折り返し点では、2時間45分。
僕の予想は2時間半~3時間だったので、だいたい予想通りだった。
▼折り返し地点
Image109.jpg

折り返してからは、少しストレッチをして、歩き始めた。

■長い歩き地獄!!
結局折り返しからは、全て歩いた。
歩くのがこんなに辛いとは!!
足が痛く、寒い!!荒川は当然川沿いのため、風が吹く。
さらに当日は結構寒かったのだ。
前半は走っていたので気持ちよかったが、折り返してからは汗もひいてしまい寒くて仕方なかった。

僕の中では、今回の大会は5時間が目標。ただ多分6時間くらいかかるだろうとも思ってた。
その予想が甘かった。それは「完走」した場合のタイムだ。
僕は後半は歩いたのだ。
前半の21キロは走って3時間弱。走って完走しても単純に6時間くらいかかる。
ただ、今回は足が痛く後半は歩くはめになった。
歩くだけでもかなり辛かった。寒さと痛さの戦いだった!
何度もタクシーに乗ってスタート地点まで戻りたいと思った。
何せあと20キロもあるのだ!!
救護車もたまに走り過ぎていった。リタイヤした人を乗せる車だ。
乗りたいとも思ったが、それは意地でもしないつもりだった。

▼35キロ付近の様子(皆歩いている)
Image113.jpg

30キロを過ぎたあたりから、まわりはみんな歩いていた。
歩くのもみんな辛そうだった。
あと、僕が恐れていたことは、制限時間を越えてしまうことだった。
たしか制限時間は7時間半だったはず。
ということは4時半には到着しなくてはならない!
▼35キロのタイム(2:43=5時間43分)
Image114.jpg

あと約1時間半で8キロ!!この8キロが長い!
ちなみに、この長い1人の時間を僕は「ナイナイのオールナイト」聴いてすごしていた。
ラジオか音楽が聴けなければ、絶対耐えられなかったと思う。

■ラストスパート!!
最後の力を振り絞ってどこからかスパートしようと思ってた。
35キロで一回走りだしてみた。一瞬走れたので、これはいけるか?と思ったが、100メートルほど走って歩きだしてしまった。
足が痛すぎる。。また、調子に乗って走ってしまったがために、その後歩くのが余計辛くなってしまった。
とうとう腰まで痛くなってきてしまった。

40キロの段階で、スパートしようかとも思った。
ただ、2、195キロは何気に長い!
多分走りきれないのでやめた。
ということで、あと1キロの標識のところから気合を入れて走りだした!
▼あと1キロの標識
Image116.jpg


足は痛かったが、実は体力は結構残っていた。
そこからは結構気持ちよく走れた。もはや、会場の設備も撤退しはじめていた。
すでにゴールをして帰っている人達ともたくさんすれ違った。
みんなから「がんばってください!あともう少し!」と声援をいただいた。
少々恥ずかしかったが、うれしかった。ここでも「まだまだ人間捨てたもんではないな。」と思ったりした。
ゴールが見えたときには、ナイナイのラジオを止めて走った。
▼ゴールが見えた
Image118.jpg

携帯でゴールの瞬間も写メールした!!
ゴールした!!達成だ!!
情けないタイムだが、とにかくやった!!

■ゴールして家まで
終わってからはすぐに着替えて撤収した。
いかんせん、周りはすでに片付けはじめている。
僕の後ろにはまだ走っている人もいた。
ただ、僕は本当に制限時間ぎりぎりのゴールだったはずだ。

家への帰り道は辛かった。足が痛くて、荒川の土手を登る階段は1段1段上っていった。
面白いことに、まわりのみんなも同じくビッコひきながら階段を上ってたところだ。みんなノロノロ歩いているのだ。

バス、電車、自転車に乗りようやく家に着いた。
本当に疲れた。とにかく足が痛かった。
まず風呂に入り、ゆっくりマッサージした。
本当は、銭湯に行ってマッサージを受けようと思っていたのだが、そんな余裕はなかった。

風呂から出て、簡単にストレッチをした後、僕はすぐに寝てしまった。

■最後に

僕の初挑戦はこうして終わった。
情けないタイムだったが、とにかくやった!
練習もほとんどしなかった。こんな僕でもやろうと思えばできるのだ!
ぜひ、みんなにも挑戦してほしい。歩いてもぜんぜん良いと思う。
当然、僕もまた挑戦するつもりだ!
ただ、今度はまずハーフマラソンを「完走」したいと思っている。
あと、練習はもうちょいしないとだ!!
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
電車がゆく
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
ユーザータグ
達成した挑戦たち(スクロール付)
【2006年】
1月 ■禁煙
5月 ■初スポーツジム
9月 ■結婚
9月 ■初海外旅行(ハワイ)
9月 ■エレキギター復活
9月 ■バッティングセンター
12月 ■初株式投資
【2007年】
2月 ■初ブログ
3月 ■初フルマラソン(荒川市民)
4月 ■再び仙台~東京自転車旅行
プロフィール

トムソーヤ隊長!

Author:トムソーヤ隊長!
■年齢:団塊ジュニア世代、昭和49年生まれ
■性別:男
■家族構成:既婚、子供なし,チワワ1匹
■体型:170㎝、65㌔
■住まい:東京都練馬区
■経歴:高校3校、会社7社経験。
■仕事:IT系
■趣味:一輪車、スーパー銭湯、図書館通い、クラシックギター、自転車で日本縦断、趣味探しなど。
■好きな言葉:青天のヘキレキ
■モットー:
1,人生を楽しむ
2,何とかなる
3,大丈夫
4,どうせ死にはしない
5,嫌ならやめる
6,まずはやってみる
7,30点でよしとする
8,ロック
9,人生は二回くる
10,やりたいことをやる
11,自分を好きでい続ける
12,80対20の法則を意識する
13,トムソーヤでいる
14,小学生の頃の自分に尊敬される自分になる
15,我が生涯に一片の悔い無しと言って死ぬ
16,しょせんみんなウンコちゃん
17,手段と目的を間違えない
18,ちっちぇーなーと思う
19,ルビンの壷発想

過去のログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。